『市民生活の生活が第一』の 市政推進に全力投入します。

【氏名】 栃木義博(とちぎよしひろ)
【生まれ】 1953年(昭和28年)8月福岡県嘉麻市(旧嘉穂郡稲築町)
【議会】 所属会派(役職):福岡市民クラブ
第5常任委員会委員(水道・道路下水道・環境局所管)
交通対策特別委員会 委員
大都市税財政制度確立推進協議会 委員
福岡地区水道企業団 副議長
【政党】 立憲民主党福岡県連合3区総支部 副代表
【略歴】 県立稲築高校(現・志耕館高校)卒、佐賀大学中退
元西鉄社員(西鉄労組)
福岡の都市づくりと交通を考える会 事務局長
1999年4月 福岡市議会議員選挙初当選
2003年4月 福岡市議会議員選挙2期目当選
2007年4月 福岡市議会議員選挙3期目当選
2011年4月 福岡市議会議員選挙4期目当選
2015年4月 福岡市議会議員選挙5期目当選
2019年5月1日 引退
【家族】 息子たちの結婚独立で、いまは会社勤めの妻と二人暮らし
【著書】 ふるさとバス白書(1992年技報堂出版)
交通計画集成第1巻および第11巻(1997年地域科学研究会)
新ふるさとバス白書(1998年技報堂出版)
交通権(移動権)の保障制度(2010年地域科学研究会)
環境自治体白書2011年版(2011年株式会社生活社)
<※すべて共著>